ペットシッターとしての心得

留守中、他人に家の中に入られるわけですから、飼い主様が不安を感じるのは当然のことだと思います。
そんな不安やためらいを少しでも払拭するため、飼い主様はもちろん、ペット達にも信頼されるシッターになれるよう、以下のことを常に念頭において、ご依頼をお受けしています。
 
〇信用第一。法律に基づいた正しい広告表示をし、契約書はきちんとかわします。


〇必ず事前のお打ち合わせに伺い、ご依頼内容の確認を行います。必要であれば、慣らし訪問をさせていただきます。


〇お世話時の様子を必ず日誌またはメールにて報告します。


〇ペットとの相性を大切にします。(お預かりできないほど相性が合わなければ、ご依頼をお断りさせていただくこともございます。)


〇ペット達の笑顔のために、ご家族と同様の愛情を持って接します!!!
(LOLの理念「for Lots Of Laugh of Lots Of Life with Lots Of Love!」(直訳:たくさんの命のたくさんの笑顔のためにたくさんの愛を込めて!)に基づき、任務を遂行いたします!)

 

その他、心配なこと、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいね!

 

 ペットシッターご依頼・お問合せへ

 

 

 

飼い主様へ

ペットシッターは豊富な知識・経験を持ち、正式な資格を持つプロですが、飼い主様以上の存在になれることは決してありません。

ペット達にとっては飼い主様が唯一無二、世界で一番大好きな存在です。ペットに対して家族同様(またはそれ以上!)の愛情を注いで、終生かわいがってあげてくださいね。その子の笑顔を守ることができるのは飼い主様、あなただけなのですから。